ソーラー事業(太陽光発電)

太陽光発電とは住宅など建物の屋根に太陽電池パネルを設置し
太陽光で作られた電力を家庭等で使う電力に変換するシステムです

私たちはソーラー事業をメーカーと共に設置普及に取り組んでいます

家計にもエコ
昼間、太陽が輝いている時間は、消費する電力より太陽光により発電
される電力の方が上回る場合が多く、余剰電気を電力会社に売ること
が出来ます。また、夜間や雨などで太陽光の発電量の少ない時は今
まで通り、電力会社から電気を購入するということになります。

一般的な4人家族の住宅の場合、3.85Kwの太陽光発電システムを
設置したと仮定すると、年間6〜7割の電気代を賄うことができると
言われています。
また、余剰電気を電力会社が買い取ってくれる単価も、2020年頃まで
に2倍に引き上げたいという政府の方針もあり、電気代が「0円」いや
家庭で発電してお金が貯まるという日が来ることも夢ではありません。
環境にもエコ
太陽光発電システムは地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出
しません。
東京都で平均的な4Kwのシステムで年間4160KWhの電気を発電します
これを二酸化炭素削減量に換算しますと年間約1500Kg-CO2になり
タテ、ヨコ、65メートルの森林が吸収する二酸化炭素量に相当します。